デトランスαに危険な落とし穴!?配合成分には要注意?

汗を抑えてくれるデオドラントとして人気の高いデトランスαですが、ネットで検索するとなぜか「危険」というキーワードが出てきます…

人気商品なだけにどうしてこんな結果になってしまうのか?というのが正直なところです。

「もしかして人気の裏で本当に危険な部分があるのかな?」

こういった疑問もあると思いますので、今回はデトランスαの成分をもとに本当に危険なのかを検証してみたいと思います。

 

デトランスαの成分から危険性をチェック!

デトランスαのどの成分が危険なのか?ということで実際にチェックしてみたところ、どうやら塩化アルミニウムが関係していることがわかりました。

デトランスαの制汗効果をもたらしているのは、実はこの塩化アルミニウムです。

ただ、その反面、塩化アルミニウムには副作用も存在します。

その副作用というのがかゆみですね。

デトランスαについて調べていると必ずと言っていいほど一緒に出てくる内容がこの「かゆみ」です。

本当にそうなのか?ということですが、かゆみはやはり人によって起こるみたいですね。

ちなみに私自身もデトランスαを使いましたが、使い方を間違えるとやはりかゆみは起きてしまいます…

ではどういった使い方が理想なのか?ということで次で見ていきます。

 

デトランスαの正しい使い方

デトランスαの正しい使い方を以下にまとめました。

※正しい使い方


  • お風呂上がりに肌が清潔な状態でデトランスαを塗る
  • よく乾かしてから服を着る
  • 翌朝タオルなどで拭き取る

基本的にこの使い方をしていれば問題ありません。

で、ですね…

実は正しい使い方だけではかゆみが出てしまうことがあるんです。公式サイトではこの部分が抜けているのかなと思います。

正しい使い方だけでなく、間違った使い方も載せてほしいですね。では間違った使い方についてまとめてみます。

※間違った使い方


  • 量をたくさん塗る
  • 広範囲に塗る
  • 毎日使う
  • 日中も使う

本当に必要最低限の使用でいいんですが、かゆみを起こしている人ほどこういった必要以上の使い方をしているようです。

もしかしたら今まで使っていたデオドラントの感覚でデトランスαを使っているのかもしれませんね。やはりこまめに使いたい気持ちもあるのでしょうが、ここはデトランスαの正しい使い方通りに従いましょう!

 

それでもデトランスαでかゆみが出てしまう人は?

デトランスαには個人差がありますので、どうしても肌に合わずに痒みが出てしまう人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが敏感肌用のデトランスαです。

通常のデトランスαと何が違うのかと言いますと、塩化アルミニウム濃度です。

※塩化アルミニウム濃度の違い


  • オリジナル…20%
  • 敏感肌用…10.27%

かゆみの原因になっている塩化アルミニウム濃度はやはり薄ければ薄いほど痒みは抑えられます。

敏感肌用の方が塩化アルミニウム濃度が低いので、痒みが抑えられるということですね。

もちろんこれでも痒みが出てしまう人もいるんでしょうが、オリジナルタイプよりは痒みを抑えられるでしょう。

ちなみにやはり塩化アルミニウム濃度が低い分、敏感肌用は効果がやや弱まります。

とは言え、刺激を抑えられるのは助かりますよね!

 

デトランスαオリジナルを買えば敏感肌用もセットで付いてくる!

ちなみにデトランスαオリジナルを買うと敏感肌用のサンプルも付いてくるんですよ!

サンプルということで量は少なめですが、「どっちがいいかな?」と迷っている人はこのオリジナルを買って、ついでに敏感肌用も試してみるといいでしょう。

 

デトランスαはどこで購入するのがお得?

ちなみにやはり気になるのがデトランスαの値段ではないでしょうか?やはりお得な値段で買いたいですよね。

デトランスαを一番お得に購入するなら公式サイトがおすすめです。

通常4800円するデトランスαですが、毎日100名限定で初回の方に限り2900円で買うことができます♪

しかも先ほども言いましたが、オリジナルを買うと敏感肌用のサンプルも一緒に付いてきます。これはお得ですよね。

ちなみにこのような割引やおまけは公式サイトだけの特典です。

楽天やAmazonといった販売店では、割引はされている可能性はありますが、公式サイトほどではありませんし、サンプルももちろん付いてきません。

お得に購入したいならやはり公式サイトが一番おすすめということになります。

より詳しい購入情報についてはこちらで詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

⇒購入情報を確認する

 

デトランスαに偽物?エティアキシルとは?

ちなみにデトランスαと似た商品でエティアキシルというデオドラントがあります。デトランスαとそっくりですね…

このエティアキシルなんですが、デトランスαとは全くの別物です。

デトランスαはデンマーク産の商品で、エティアキシルはフランス産の商品なので、まずここから違いますよね。

でも商品の特徴自体はそっくりで、どちらも塩化アルミニウムによって汗を強力に抑えてくれるんです。

ただ、知名度ではデトランスαの方が上ですね。

デトランスαの方が購入している人も多いですし、購入前に調べている人も多いです。

もちろんエティアキシルが悪い商品と言っているわけではありませんが、皆が買っているという安心感が欲しいならデトランスαを選んだ方がいいでしょう。

 

ちなみにデトランスαには本当に偽物があるようです…

公式サイトでもアナウンスされているんですが、デトランスαには偽物も存在するようです。

こんな感じで警告が出されています。

さきほどのエティアキシルとは別に、本当に偽物があるみたいなんですね。

たしかにネット上の情報を調べてみると、

  • Amazonでデトランスαを買ったら偽物だった
  • 製造番号が書かれていなかった

こういった情報があるので、偽物は本当にあるのかもしれません。

なのでやはり公式サイトから買うのが一番おすすめですね。

デトランスαはいろんな販売店がありますが、割引や特典などのメリットがある公式サイトからの購入がやはりベストということですね。