私自身ワキガでずっと悩んでいました。そんな時にネットでたまたま目にしたのがデトランスαです。

何やら汗をしっかりと抑えてくれるようで、それによって臭いへの効果もあるのだとか!

でも今までいろんな臭い対策をしてきて、ことごとく裏切られてきた私は、「本当に効果があるの?」と疑っていました。

で、結局のところずっと気になっていたので、最終的にはデトランスαを使ってみることにしました!

今回はそんな私の体験口コミを紹介します。

 

デトランスα私の口コミ

実際に私がデトランスαを使った口コミを紹介します。

私は本当に汗っかきで、夏の暑い日なんかは何もしないでも汗が出てきます。

そして、さらに厄介なのが精神性発汗ですね。人と話している時なんかにものすごい量の脇汗が出てきてしまうんです…

特に精神性発汗を何とかしたいのもあってデトランスαに期待していたんですが、その効果は本当にすごかったです。

  • 真夏の炎天下
  • 人前で話している時

こういった「脇汗をかいているんだろうな~」といった場面で一切汗をかいていなかったんです。

でもどうしてこんなに効果があるの?と疑問に思いますよね。

デトランスαには臭いを強力に抑えてくれる理由があったんです。

 

デトランスαの原理はこう!

デトランスαで脇汗が抑えられるのには秘密がありました。その秘密というのが塩化アルミニウムです。

この塩化アルミニウムは皮膚科などでも処方される汗を抑える救世主なんです。

皮膚科でも処方されるような塩化アルミニウムをデトランスαでは配合しています。

この塩化アルミニウムが汗と反応。そしてそこで角栓が形成され、汗腺に蓋をして汗を外に出さないようにしてくれるんです。

 

汗を抑えれば臭いも抑えられる!

ちなみにワキガの臭いの原因ってなんだか知っていますか?

実は臭いには汗と菌が関係しているんです。

そもそも人の身体にはエクリン腺とアポクリン腺の2つの汗腺が存在しています。

エクリン腺はほとんどが水分なので、臭いの原因にはなりません。ですが問題はアポクリン腺から出る汗です。

このアポクリン腺から出る汗にはワキガ菌の好物である脂質やたんぱく質が含まれています。

ワキガ菌は皮膚の上にいるんですが、汗と一緒に出てきた脂質やたんぱく質をワキガ菌が食べ、この時に臭いが発生します。

この臭いが実はワキガの臭いだったんですね。

ワキガ対策には汗と菌の両方を抑えることが重要です。

しかし、汗を抑えるだけでも菌にエサを与えずに済みますから、十分臭い対策としては有効なんですね。

デトランスαには菌を殺菌する成分は含まれていませんが、それでも汗を抑える効果が強いので、臭い対策としては十分なんです!

「本当にワキガに効果がるのかな?」

と疑っていた私なんですが、デトランスαの原理を知って、その効果にも納得できました!

 

汗と菌の両方を抑えたいならクリアネオ!

先ほどの話ではデトランスαでは菌までは抑えられないという話でした。

もし汗と菌の両方を抑えたいのでしたら、おすすめしたいのがクリアネオです。

この商品は汗と菌に有効な成分をしっかりと配合しています。

汗を抑える効果はデトランスαには負けますが、バランス重視ならクリアネオがおすすめです。

他にもクリアネオにはおすすめポイントがあるので紹介しますね!

※クリアネオのココがおすすめ


  • 始めやすい価格帯
  • クリームタイプで肌に優しい
  • 全身の臭いに使える
  • 定期購入には縛りがない
  • 無期限の返金保証が付いてくる
  • 消臭スプレーのおまけが付いてくる
  • 定期購入なら毎月プレゼントが届く

このようにおすすめポイントの多いワキガクリームです。

 

デオシークとは何が違うの?

ちなみにクリアネオと似た商品でデオシークというワキガクリームがあります。

このデオシークという商品、クリアネオにかなり対抗意識を燃やしていますね!(笑)

※デオシークの特徴


  • 価格がとにかく安い
  • クリームタイプで肌に優しい
  • 全身の臭いに使える
  • 定期購入には継続条件がなく1回でも解約OK
  • 定期、単品購入ともに無期限の返金保証付き
  • 毎月サプリのおまけが付いてくる

ここ最近売り上げを伸ばしてきているワキガクリームなんですが、クリアネオとけっこう似ています。

あえて違う部分を挙げるとすれば

  • クリアネオよりも若干安い
  • 毎月サプリのおまけが付く

こういった部分ですね。

デオシークについても汗と菌を抑える成分が配合していますので、効果としてはクリアネオと同じと考えてもらってOKです。

ただ、価格などの面でデオシークはメリットがあるので、こういった部分を考慮してみるといいかもしれません。

ちなみに知名度ではクリアネオの方が高いので、皆が使っている安心感が欲しいならクリアネオをおすすめします。

 

まとめ

デトランスαの体験口コミから、関連商品としてクリアネオやデオシークなども紹介してきました。

それぞれおすすめポイントがあるので、最後にどういった人におすすめなのかを簡単にまとめたいと思います。

 

デトランスαはこんな人におすすめ


  • 脇汗に悩んでいる人
  • とにかく汗を抑える商品を探している人
  • コスパがいい商品を探している人

 

クリアネオはこんな人におすすめ


  • 汗と菌の両方を抑えたい人
  • 人気商品を選びたい人
  • 返金保証付きで安心して始めたい人
  • 外出中にもケアしたい人
  • 脇以外にも使いたい人

 

デオシークはこんな人におすすめ


  • 汗と菌の両方を抑えたい人
  • とにかく価格重視の人
  • 特典が充実していた方がいいという人
  • 返金保証付きの商品を探している人

 

それぞれの商品におすすめポイントがあるので、自分に合った商品を選んでみてくださいね!

ということで今回の内容のまとめでした。

<関連記事>

 

手汗を抑える商品としてデトランスα手足用とファリネという商品があります。

この商品はどちらがおすすめなんでしょうか?

実はデトランスαとファリネは全くの別物です。商品のタイプから効果まで全く違った内容になっています。

それぞれにおすすめポイントがありますので、自分に合った方を選んでみてくださいね!

 

デトランスαのメリット・デメリット

先にデトランスα手足用のメリット・デメリットをまとめます。

※メリット


  • 夜1回の使用だけでいい
  • 1回塗れば3日~1週間効果が持続する
  • 100mlで大容量
  • 初回2900円で始められる

※デメリット


  • かゆみの心配がある
  • べたつきを感じることもある
  • 返金保証はない

デトランスα手足用は大容量ですし、初回2900円で始められます。

また、デトランスαは効果の持続時間が長く、毎日使う必要がないので、1本で2~3ヶ月は持つでしょう。コスパはかなりいいです。

デメリットとしては痒みの心配があることですね。

塩化アルミニウム濃度が25%と高いので、痒みの心配があります。もし痒みが心配なら次に紹介するファリネを使ってみることをおすすめします。

 

ファリネのメリット・デメリット

では次にファリネのメリット・デメリットについても見てみましょう!

※メリット


  • パウダータイプで肌に優しい
  • 持ち運びやすくて外出中にもケアできる

※デメリット


  • 効果の持続時間が短い
  • 定期購入は3回以上の継続が条件

ファリネはデトランスαと違い肌への刺激もありません。安心して手汗対策ができます。

ただ、その反面、効果の持続時間は短めです。持ってもせいぜい2時間程度でしょう。

なので効果を重視するならデトランスαの方がおすすめということになります。デトランスαは効果が数日続くので、コスパもいいですしね。

ちなみに定期購入の条件をデメリットとして挙げましたが、デトランスαにも定期購入には4回以上の継続条件があります。

「デトランスαの方が厳しいじゃん!」

と思うかもしれませんが、デトランスαの場合、まずは初回2900円のお得な通常購入ができますので、定期購入のデメリットはあえて書きませんでした。

ファリネの場合、定期購入は確かに安いですが、その分3回という継続条件があります。

また、仮に通常購入で買うとしても9000円以上するので、あまりおすすめはできませんね。

定期縛りを受け入れるのか?あるいは高いけど通常購入にするのか?この部分は悩みどころだと思います。

 

デトランスαとファリネの違いまとめ

デトランスαとファリネは全く別物だということがわかったと思います。

ではどういった人にそれぞれおすすめなのか?ということで、最後にまとめたいと思います。

 

デトランスαはこんな人におすすめ


  • とにかく汗を抑えたい人
  • コスパがいい商品を探している人
  • 価格を安く抑えたい人

 

ファリネはこんな人におすすめ


  • 肌荒れが心配な人
  • 外出中もケアしたい人

 

このようになります。

ということで、これらのまとめを元に商品を選んでみてくださいね♪

<関連記事>

 

汗を抑えることで臭いを抑えることができるデトランスα

そんなデトランスαですから、すそわきがにも効果があるのでは?と考える人もいるかもしれません。

なんかでもデリケートゾーンに使うのはちょっと心配ですよね…

やはりかゆみとかの副作用が心配だと思います。

実際にすそわきがに対してデトランスαが使えるのか?この疑問を公式サイトに確認してみました。

 

デトランスαはすそわきがに使えない

先に結論を言うと、デトランスαはすそわきがに使うことは出来ません。

実際に公式サイトに問い合わせてみたんですが、ハッキリ使用NGとは言っていませんでしたが、やんわり使用NGの事は言っていました。

「デトランスαは脇への使用を目的として作られています」

このような回答だったので、すそわきがには使ってはいけないと言っていいでしょう。

 

デトランスαは顔や胸などの部位に使ってもダメ

先ほどのすそわきがと同じ理由で、顔や胸などにもデトランスαを使うこともできません。

と言いますか、顔とかに使うのはちょっと怖くないですか?

液が目に入ったらと思うと私だったら使えません…

とにかく脇以外の部位には使わないようにしましょう!

 

手足の汗にはデトランスα手足用がおすすめ

ちなみに通常のデトランスαは脇以外には使えませんが、手足用のデトランスαでしたら手足に使うことができます。

この手足用についても主成分は塩化アルミニウムとなっています。

ではオリジナルと何が違うのでしょうか?

その違いは塩化アルミニウムの濃度です。実際に違いを比較してみましょう。

※塩化アルミニウム濃度の違い


  • オリジナル…20%
  • 手足用…25%

このように手足用の方が塩化アルミニウム濃度が高くなっています。

塩化アルミニウム濃度が高くなれば、それだけ肌荒れも起きやすくなるんですが、手足は皮膚が厚いということなので、塩化アルミニウム濃度が高くても問題ないのかもしれないですね。

ちなみに脇用で最強の効果を持っているのが、「デトランスαストロング」です。

こちらは塩化アルミニウム濃度が25%となっていて、手足用の濃度と同じです。

で、他の成分もストロングと手足用で同じなので、「これ、まったく同じ商品なんじゃ?」と思ってしまいました(笑)

でも内容量は手足用の方が100mlなので、ストロングの20mlの5倍です。

しかも手足用は初回2900円でお得な価格で買えるので、ストロングを買うくらいなら手足用を買って、それを脇に使ってもいいのかもしれません。

ちょっとした裏話でした。

<関連記事>

 

デトランスα売ってる場所はどこなんでしょうか?

ネット通販で買えるのは分かっていますが、市販などでも買うことができるんでしょうか?

今回は市販でデトランスαを探してみた結果を報告したいと思います!

 

デトランスαを市販にはなかった…

先に残念なお知らせですが、デトランスαは市販では売られていませんでした。

マツキヨやツルハなどのドラッグストア、ドンキや東急ハンズなどのバラエティショップなど、市販情報を調べたり実際に足を運んだりしましたが、残念ながらどこにも売られていないようです…

ただ、通販以外でもデトランスαを手に入れられる場所というのは実は存在するんです。

 

皮膚科や病院などでデトランスαは手に入る

市販では売られていないデトランスαですが、皮膚科や病院などでは手に入る可能性があります。

全ての皮膚科や病院で扱っているわけではありませんが、一部の施設ではデトランスαを扱っている可能性があります。

こういった施設でデトランスαを手に入れるメリットは、先生に使い方や注意点などをきちんと聞けることです。

やはりデトランスαはかゆみが心配な部分なので、先生に話を聞きながら使い始めるのは安心感があります。

ただ、以下のようなデメリットがあることも覚えておいてください。

  • 通販よりも割高な場合もある
  • 扱っているクリニックを探すのが面倒
  • 足を運ぶのが面倒
  • 脇汗の相談をするのが恥ずかしい

こういったデメリットがあるので、個人的には通販で買うのがおすすめです。

 

デトランスαを買うならやはり通販がおすすめ

デトランスαは病院などでも手に入りますが、やはり通販で買うのが一番でしょう!やはり以下のようなメリットがありますからね。

  • 割引がある
  • 敏感肌用のおまけが付いてくる
  • こっそり買える
  • 確実に売っている

先ほどのデメリットとは真逆のことですね。

脇汗のことを人に相談するのはやはり気が引けると思います。そういったことも考えると通販でこっそりデトランスαを買うのがおすすめかもしれませんね。

ということでデトランスαの購入は通販からを検討してみてくださいね。

<関連記事>