手汗を抑える商品としてデトランスα手足用とファリネという商品があります。

この商品はどちらがおすすめなんでしょうか?

実はデトランスαとファリネは全くの別物です。商品のタイプから効果まで全く違った内容になっています。

それぞれにおすすめポイントがありますので、自分に合った方を選んでみてくださいね!

 

デトランスαのメリット・デメリット

先にデトランスα手足用のメリット・デメリットをまとめます。

※メリット


  • 夜1回の使用だけでいい
  • 1回塗れば3日~1週間効果が持続する
  • 100mlで大容量
  • 初回2900円で始められる

※デメリット


  • かゆみの心配がある
  • べたつきを感じることもある
  • 返金保証はない

デトランスα手足用は大容量ですし、初回2900円で始められます。

また、デトランスαは効果の持続時間が長く、毎日使う必要がないので、1本で2~3ヶ月は持つでしょう。コスパはかなりいいです。

デメリットとしては痒みの心配があることですね。

塩化アルミニウム濃度が25%と高いので、痒みの心配があります。もし痒みが心配なら次に紹介するファリネを使ってみることをおすすめします。

 

ファリネのメリット・デメリット

では次にファリネのメリット・デメリットについても見てみましょう!

※メリット


  • パウダータイプで肌に優しい
  • 持ち運びやすくて外出中にもケアできる

※デメリット


  • 効果の持続時間が短い
  • 定期購入は3回以上の継続が条件

ファリネはデトランスαと違い肌への刺激もありません。安心して手汗対策ができます。

ただ、その反面、効果の持続時間は短めです。持ってもせいぜい2時間程度でしょう。

なので効果を重視するならデトランスαの方がおすすめということになります。デトランスαは効果が数日続くので、コスパもいいですしね。

ちなみに定期購入の条件をデメリットとして挙げましたが、デトランスαにも定期購入には4回以上の継続条件があります。

「デトランスαの方が厳しいじゃん!」

と思うかもしれませんが、デトランスαの場合、まずは初回2900円のお得な通常購入ができますので、定期購入のデメリットはあえて書きませんでした。

ファリネの場合、定期購入は確かに安いですが、その分3回という継続条件があります。

また、仮に通常購入で買うとしても9000円以上するので、あまりおすすめはできませんね。

定期縛りを受け入れるのか?あるいは高いけど通常購入にするのか?この部分は悩みどころだと思います。

 

デトランスαとファリネの違いまとめ

デトランスαとファリネは全く別物だということがわかったと思います。

ではどういった人にそれぞれおすすめなのか?ということで、最後にまとめたいと思います。

 

デトランスαはこんな人におすすめ


  • とにかく汗を抑えたい人
  • コスパがいい商品を探している人
  • 価格を安く抑えたい人

 

ファリネはこんな人におすすめ


  • 肌荒れが心配な人
  • 外出中もケアしたい人

 

このようになります。

ということで、これらのまとめを元に商品を選んでみてくださいね♪

<関連記事>